テクノロジーズームアイ┃プリント基板や顕微鏡の最新で製造が変わる

テクノロジー

理想の研究道具

PC

商品開発をサポートする顕微鏡の性能は向上しています。しかし数多くの顕微鏡が販売されるようになり、ユーザーの負担が大きくなったのも事実です。それを解消するために顕微鏡を比較できるサイトが、販売サービスをサポートしています。

読んでみよう

焦点の深度を変えられる

IT

マイクロスコープとは医療、工業の分野などで幅広く使われる便利な装置です。光学顕微鏡よりも観察にあたって様々な面で便利でとても使いやすいです。これからも需要が高まり、マイクロスコープはさらに便利なものとなっていくでしょう。

読んでみよう

製品から設計図

PC

新技術を開発すると出費が大きくなるため、既存技術を再利用する事が理想的だと言われています。しかし設計図の不備があった場合には、既存技術の転用が難しくなるのです。だから製品を参考にして設計資料を作成するリバースエンジニアリングが流行しています。

読んでみよう

信頼性が大事

マイクロバブルのことならこちらのサイトを参考にしましょう。処理効率向上で菌、ウイルス対策に効果がありますよ。

大変な仕事です

基板

いまや身の回りに多くの電子機器がありますが、それには様々な部品が使用されています。その部品一つ一つが動くことによって電子機器が動きますが、その電子機器に使用されているものにプリント基板というものがあります。そのプリント基板は、業者に依頼して製造することが可能です。業者はたくさんいますが、もし製造希望であれば、信頼のおける業者への依頼が必要です。このプリント基板ですが、自分で作ろうと思えば出来るものですが、やはり精密さが必要という点もあり、製造を業者に依頼する人が圧倒的に多くなっています。プリント基板であれば電子機器の小型化も実現し、なおかつ固定化が出来るので商品の開発スピードが上がります。

大変でなくするために

このプリント基板ですが、製造を行っていく上で試作依頼も可能です。一度試作を見て確認が出来るためとても便利です。この試作品はその後量産するときと同じクオリティーで製造してくれます。実際に試作品を確認した上で本格的な製造依頼を行っていきますが、ロット数の調整も多くの業者で柔軟に対応が行われています。ただ全ての業者が対応しているわけではないため、試作を依頼する段階で依頼可能ロット数も確認しておきましょう。またプリント基板の製造依頼のときには、納期の相談も行っておきましょう。どんなに精巧に作ってくれる業者であっても、納品が遅ければ意味がありません。依頼後どのくらいで納品可能なのか、また早くてどのくらいで納品可能かといったことも予め確認しておくといいでしょう。