テクノロジーズームアイ┃プリント基板や顕微鏡の最新で製造が変わる

電子

製品から設計図

既存技術は転用可能

PC

様々な新しい技術が登場して製品開発に活かされています。しかし新登場する製品の全てが新技術を応用しているわけではありません。なぜなら新登場する製品の多くは、既存の商品の欠点を解消しているものだからです。つまり欠点部分以外の要素は再利用する事が出来ます。 技術を再利用する事によるメリットは、コスト面を下げる事が出来る点です。新技術の開発は研究と検証の繰り返しであり、それには多大な人件費や実験器具の購入費が必要になります。技術の開発が進まなければ経費は大きくなり、新技術が利益に結びつかなければ赤字です。つまり新技術の開発はリスクが存在しているため、既存技術を再利用出来た方が企業にとっては歓迎すべき事だと言えます。

既存技術を復活させる方法

しかし既存製品の中には急いで開発されたせいで、設計の資料が不足しているケースが少なくありません。製品開発は設計の資料によって円滑に進める事が出来ます。仮に担当者しか知らない事実があると、技術を再利用した時に余計なトラブルが生じる事もあるのです。 それを解消するために考えられたやり方は、リバースエンジニアリングと呼ばれています。リバースエンジニアリングとは完成品を調べる事で、設計の手順や必要な素材を調べる方法です。設計の資料は企業にとって財産なので、資料を軽視していた業者がリバースエンジニアリングを実施する事もあります。リバースエンジニアリングのやり方に需要があるため、最近では専門サービスも登場しているのです。